共立電子の店 エレショップ

  • 記事連動企画
  • キット

ラズパイ入門ボードキット
ADSSMG01GK

web販売価格 : ¥3,002
在庫 : 23 (現在庫数)
送料区分 : 宅配便(ヤマト運輸)
メーカー : ビット・トレード・ワン
商品コード : I22312
品名/型番 : ラズパイ入門ボードキット / ADSSMG01GK
登録日 : 2018.2.2
数量 : 

あわせて買いたい

最少受注単位でカートに投入されます

【日本製】シングルボードコンピュータ ラズベリーパイ3 モデルB
¥5,200
在庫 : 182

概要

【組立キット】
ラズパイ制御の初歩を書籍と併せ楽しく学習!
シェルスクリプトマガジンとの連動企画のラズパイ学習向け入門ボードです。初めてラズパイを使う初心者にとって制御方法を知っておくべき電子部品が搭載されています。また入門ボードでありながら、拡張用スルーホールやGrove対応のコネクターを搭載、市販のGrove用サーボやセンサ等を利用できるなど拡張性を持ち、プロトタイピングにも最適です。

詳細

●製品概要:
シェルスクリプトマガジンとの連動企画で生まれたラズパイ学習向け、入門ボード「ラズパイ入門ボード」。
初めてラズパイを使う初心者にとって制御方法を知っておくべき電子部品が搭載されています。
4個の赤色LED、2個のカラーLED、4個の押しボタンスイッチ、単色有機ELディスプレイ、圧電スピーカーなど、ラズパイで制御方法を学ぶ基礎となる電子部品を搭載しています。
また入門ボードでありながら、拡張用スルーホールやGroveシステム対応のコネクター2つを搭載、市販のGroveシステムに対応したサーボやセンサ、アクチュエータを利用できるなど拡張性を活かした設計のため、プロトタイピングにも最適です。
シェルスクリプトマガジンでは、Vol52より特集「ラズパイ入門ボードの使い方」にて随時、本ボードを利用した電子部品の制御方法について特集が掲載される予定です。

●製品の特長:
シェルスクリプトマガジンとの連動企画で生まれたラズパイ学習向け入門ボード「ラズパイ入門ボード」。
初めてラズパイを使う初心者にとって制御方法を知っておくべき電子部品が搭載されています。

●学んでおきたい制御方法 基礎の基礎:
4個の単色LED、2個のカラーLED、4個の押しボタンスイッチ、単色有機ELディスプレイ、圧電スピーカーなど、ラズパイで制御方法を学ぶ基礎となる電子部品を搭載しています。

シェルスクリプトマガジン Vol.52

●プロトタイピングにも最適、拡張性に優れる入門ボード:
入門ボードでありながら、拡張用スルーホールやGroveシステム対応のコネクター2つを搭載、市販のGroveシステムに対応したサーボやセンサ、アクチュエータを利用できるなど拡張性を活かした設計のため、プロトタイピングにも最適な入門ボードです。

Groveモジュールは こちら

また本製品向けのソースコードについては以下URLにて公開されております。
https://shell-mag.com/raspi_original_code/

書籍とあわせご活用ください。

●ご注意:
本製品には使用説明書は添付されておりません。利用方法の詳細など詳しくはシェルスクリプトマガジン Vol.52号の特集2「ラズパイ入門ボードの使い方」などをご確認ください。

キット版の組み立て方に関してわからない事がありましたら こちらのpdf をご一読ください。

●対応機種:
・Raspberry Pi Model B+
・Raspberry Pi 2 Model B
・Raspberry Pi 3 Model B
●スイッチ: 4個
●カラーLED(赤・緑・青):2
●単色LED(赤):4
●単色OELDパネル:128×64ドット
●Groveコネクター: 2
●圧電スピーカー(ブザー):1
●外形寸法:20(H)×65(W)×56(D)mm(突起部除く)
●重量:約25g
●動作環境: 温度0〜45℃ / 湿度10〜60%(結露なきこと)
●生産国:Made in Japan
●付属品:
・スペーサ4本
・ネジ8本
*Raspberry Pi本体及びケース、ケーブル類は付属致しません

Raspberry Pi特集

動画

シェルスクリプトマガジン連動企画 ラズパイで制御方法を学べる入門ボード『ラズパイ入門ボード』

関連情報

スタッフコメント

【店頭取扱情報】
シリコンハウス営業所 1F
デジット営業所

こちらの商品はシリコンブログで紹介中です。

ラズパイを学びたい方にお勧め。

この商品を買った人はこんな商品も

最少受注単位でカートに投入されます

※表示価格は税込価格です。

エレショップ最新情報

再入荷速報(BOT)



エレショップ ブログ

     (チャレンジ!電子工作blog)