共立電子の店 エレショップ

  • ブログ掲載品

IoT向けスマートセンシングプロセッサ搭載ボード SPRESENSE メインボード
CXD5602PWBMAIN1

web販売価格 : ¥5,940
在庫 : 11 (現在庫数)
送料区分 : 宅配便(ヤマト運輸)
メーカー : ソニー(SONY)
商品コード : I83314
品名/型番 : IoT向けスマートセンシングプロセッサ搭載ボード SPRESENSE メインボード / CXD5602PWBMAIN1
登録日 : 2018.8.3
数量 : 

あわせて買いたい

最少受注単位でカートに投入されます

IoT向けスマートセンシングプロセッサ搭載ボード SPRESENSE 拡張ボード
¥3,780
在庫 : 10
microUSBケーブル 50cm
¥180
在庫 : 39
Silicon Power microSDHCカード16GB/Class10 UHS-I対応 [RoHS]
¥1,701
在庫 : 145

概要

SPRESENSE(スプレッセンス)は、低消費電力でありながら、GPS受信機能とハイレゾリューション・オーディオコーデックを搭載したIoT向けボードコンピュータです。例えば、GPSと高機能プロセッサを活用したドローンや、ハイレゾリューションオーディオの再生・録音、内蔵フルデジタルアンプを活用したスマートスピーカ端末、低消費電力を活かした定点撮影カメラなど、IoTを今まで以上にスマートで高度なものにしていきます。

詳細

●GNSS機能の搭載
●GPS/GLONASSをサポートし、世界各地で高精度な位置情報の取得が可能
●充実したボイス/オーディオ機能
●マイク入力は最大8chをサポートし、192kHz/24ビットのハイレゾ音源の録音・再生など
 本格的なオーディオ用途に活用可能
●低消費電力
●スマートセンシングプロセッサにFD-SOI(完全空乏型シリコンオンインシュレーター)を採用し、
動作電圧を下げることで、低消費電力を実現

【SPRESENSEメインボードの主な仕様】
●サイズ:50.0×20.6mm
●CPU:ARM Cortex-M4F 6個搭載
●最大クロック周波数:156MHz
●SRAM:1.5MB
●フラッシュメモリー:8MB
●デジタル入出力:GPIO, SPI, I2C, UART, PWM, I2S
●アナログ端子:2ch (0.7V レンジ)
●GNSS:GPS, GLONASS
●その他:カメラインターフェース
●GPSチップアンテナ搭載
★SPRESENSEの詳細については下記のURLページをご覧ください
https://developer.sony.com/ja/develop/spresense/developer-tools/introduction

【SPRESENSE 搭載LSI(CXD5602/CXD5247)仕様】


【CXD5602の主な仕様】
●高精度の測位機能
●超低消費電力
●マルチGNSS測位機能:
・GPS, GLONASS, SBAS, Galileo, Beidu に対応可能
 ※QZSS(みちびき)は2018年秋にファームウェアアップデートで対応とのことです
●ハイスペックのハイレゾリューションオーディオ機能:
・192kHz/24bit ハイレゾリューションオーディオコーデック
・192kHz A/Dコンバータを搭載
・8チャンネルマイク入力(デジタルマイクの場合)
・フルデジタルアンプによるBTLステレオ出力
●豊富な計算能力:
・ARM Cortex-M4Fを6つ搭載
・FD-SOI による低消費電力駆動サポート
・CPU間通信のためのASMPフレームワーク

●チップセットマニュアル(英文/PDF):
CXD5602GG
CXD5247GF

●情報:
・SPRESENSE開発者向けページ「Sony Developer World
・Spresense拡張ボードは、この拡張ボードをメインボードに接続することで、Arduino Uno互換のピン形状を構成することが
 できます。ただ、Spresense 拡張ボードのピン仕様について、Arduino Uno と一部異なる部分があります。
 詳細については、 SpresenseとArduino Unoの違い を参照してください。
GitHub
SPRESENSEハードウェアドキュメント
Arduino IDEでの開発(チュートリアル)
Spresense SDKでの開発(チュートリアル)

関連情報

スタッフコメント

【店頭取扱情報】
シリコンハウス営業所 2F
デジット営業所

こちらの商品はデジットブログで紹介中です。

SONY「SPRESENSE(スプレッセンス)」が再入荷しました!
※表示価格は税込価格です。

エレショップ最新情報

再入荷速報(BOT)



エレショップ ブログ

     (チャレンジ!電子工作blog)