共立電子の店 エレショップ

【予約受付中・9月上旬入荷予定】IoT向けスマートセンシングプロセッサ搭載ボード SPRESENSE メインボード
CXD5602PWBMAIN1

web販売価格 : ¥5,940
在庫 : ご予約受付中
送料区分 : 宅配便(ヤマト運輸)
メーカー : ソニー(SONY)
商品コード : I83314
品名/型番 : 【予約受付中・9月上旬入荷予定】IoT向けスマートセンシングプロセッサ搭載ボード SPRESENSE メインボード / CXD5602PWBMAIN1
登録日 : 2018.8.3
数量 : 

あわせて買いたい

最少受注単位でカートに投入されます

【予約受付中・9月上旬入荷予定】IoT向けスマートセンシングプロセッサ搭載ボード SPRESENSE 拡張ボード
¥3,780
在庫 : ご予約受付中
microUSBケーブル 50cm
¥180
在庫 : 7
Silicon Power microSDHCカード16GB/Class10 UHS-I対応 [RoHS]
¥1,701
在庫 : 118

概要

SPRESENSE(スプレッセンス)は、低消費電力でありながら、GPS受信機能とハイレゾリューション・オーディオコーデックを搭載したIoT向けボードコンピュータです。例えば、GPSと高機能プロセッサを活用したドローンや、ハイレゾリューションオーディオの再生・録音、内蔵フルデジタルアンプを活用したスマートスピーカ端末、低消費電力を活かした定点撮影カメラなど、IoTを今まで以上にスマートで高度なものにしていきます。

詳細

【只今ご予約受付中・9月上旬入荷予定】
●GNSS機能の搭載
●GPS/GLONASSをサポートし、世界各地で高精度な位置情報の取得が可能
●充実したボイス/オーディオ機能
●マイク入力は最大8chをサポートし、192kHz/24ビットのハイレゾ音源の録音・再生など
 本格的なオーディオ用途に活用可能
●低消費電力
●スマートセンシングプロセッサにFD-SOI(完全空乏型シリコンオンインシュレーター)を採用し、
動作電圧を下げることで、低消費電力を実現

【SPRESENSEメインボードの主な仕様】
●サイズ:50.0×20.6mm
●CPU:ARM Cortex-M4F 6個搭載
●最大クロック周波数:156MHz
●SRAM:1.5MB
●フラッシュメモリー:8MB
●デジタル入出力:GPIO, SPI, I2C, UART, PWM, I2S
●アナログ端子:2ch (0.7V レンジ)
●GNSS:GPS, GLONASS
●その他:カメラインターフェース
●GPSチップアンテナ搭載
★SPRESENSEの詳細については下記のURLページをご覧ください
https://developer.sony.com/ja/develop/spresense/developer-tools/introduction

【SPRESENSE 搭載LSI(CXD5602/CXD5247)仕様】


【CXD5602の主な仕様】
●高精度の測位機能
●超低消費電力
●マルチGNSS測位機能:
・GPS, GLONASS, SBAS, Galileo, Beidu に対応可能
 ※QZSS(みちびき)は2018年秋にファームウェアアップデートで対応とのことです
●ハイスペックのハイレゾリューションオーディオ機能:
・192kHz/24bit ハイレゾリューションオーディオコーデック
・192kHz A/Dコンバータを搭載
・8チャンネルマイク入力(デジタルマイクの場合)
・フルデジタルアンプによるBTLステレオ出力
●豊富な計算能力:
・ARM Cortex-M4Fを6つ搭載
・FD-SOI による低消費電力駆動サポート
・CPU間通信のためのASMPフレームワーク

●チップセットマニュアル(英文/PDF):
CXD5602GG
CXD5247GF

●情報:
・SPRESENSE開発者向けページ「Sony Developer World
・Spresense拡張ボードは、この拡張ボードをメインボードに接続することで、Arduino Uno互換のピン形状を構成することが
 できます。ただ、Spresense 拡張ボードのピン仕様について、Arduino Uno と一部異なる部分があります。
 詳細については、 SpresenseとArduino Unoの違い を参照してください。
GitHub
SPRESENSEハードウェアドキュメント
Arduino IDEでの開発(チュートリアル)
Spresense SDKでの開発(チュートリアル)

※9月上旬に入荷予定です。入荷次第にご発送いたします。

関連情報

スタッフコメント

※表示価格は税込価格です。

エレショップ最新情報

再入荷速報(BOT)



エレショップ ブログ

     (チャレンジ!電子工作blog)