共立電子の店 エレショップ

IoTデバイスプログラミング入門 Windows 10 IoT CoreとRaspberry Piで作るIoTデバイス
ISBN9784877834043

web販売価格 : ¥2,640   注文受付単位:1
在庫 : 実店舗取扱商品 在庫数の確認は「問合せフォーム」からお願いします
送料区分 : 宅配便(ヤマト運輸)
メーカー : カットシステム
商品コード : GA7112
品名/型番 : IoTデバイスプログラミング入門 Windows 10 IoT CoreとRaspberry Piで作るIoTデバイス / ISBN9784877834043
登録日 : 2016.10.7
数量 : 

あわせて買いたい

最少受注単位でカートに投入されます

シングルボードコンピュータ ラズベリーパイ3 モデルB [RS版] Raspberry Pi 3 Model B (RS)
¥4,889
在庫 : 販売終了

概要

IoT(Internet of Things=モノのインターネット)とは、世の中に存在するさまざまな物体(モノ)にネットワーク機能を持たせ、インターネットに接続することです。本書は、Windows 10 IoT CoreをIoTのオペレーティングシステムとして採用したIoTデバイスの開発手法を解説します。

詳細

●著者:北山 洋幸
●サイズ:B5変型
●ページ数:244ページ

【書籍概要】
Windows 10 IoT Coreは、その名前が示すようにWindows 10の仲間なので、IoT用のプログラムをWindows 10上のVisual Studioで開発できます。この点が、他の従来のIoTオペレーティングシステムと大きく異なります。
本書は、IoTデバイス開発において、初心者が戸惑う環境設定や、プログラムの開発手順を丁寧に解説します。クラウド側やVisual Studio で開発するUWPアプリケーション(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)やC#については最小限の解説に留めます。本来、Windows 10 IoT Core全体を理解するには、クラウド側、デバイス側、各ハードウェア、UWP、そしてC#やネットワークなど、多岐にわたる知識が必要とされます。それらを一冊にまとめるのは非常に困難です。そこで、本書はデバイス側に重きを置き、IoT理解の導入となることを目指します。

【目次】
●第1章:IoTとWindows 10 IoT Core
1.1:IoTとは
1.2:Windows 10 IoT Coreとは
1.3:Windows 10 IoT Coreの開発環境
1.4:開発に必要な機材
●第2章:Windows 10 IoT Coreのインストール・起動・管理
2.1:Windows IoT Core Image Helperを使ったインストール
2.2:Windows 10 IoT Core Dashboardを使う
2.3:Windows 10 IoT Coreの起動
2.4:Windows 10 IoT Coreの管理
●第3章:Visual Studioのインストールとプログラムの実行
3.1:Visual Studio Community 2015のインストール
3.2:サンプルのHello Worldを動作させる
3.3:新規開発のHello World
●第4章:LED点滅
4.1:サンプルプログラムの実行
4.2:新規開発
4.3:Raspberry Pi 2と3のピン配置
4.4:HeadedモードとHeadlessモード
4.5:ボタンでLED制御
4.6:プログラム開発
●第5章:温度・湿度測定
5.1:温度センサーの利用
5.2:温度・湿度センサーの利用
5.3:I2Cの基礎
●第6章:UART
6.1:使用するデバイス
6.2:接続
6.3:動作
6.4:半田ごてを使わないUSB直結
●第7章:リレーモジュールの制御
7.1:概要
7.2:プログラム開発
●第8章:AC電源の制御
8.1:概要
8.2:プログラム開発
●第9章:ラジコン制御
9.1:概要
9.2:プログラム開発
●第10章:ブラウザを使った制御
10.1:LED点滅
10.2:AC電源の制御
10.3:ラジコン制御
●付 録:
付録A:Insider Previewを使う
付録B:リモートディスプレイ機能

関連情報

スタッフコメント

【店頭取扱情報】
シリコンハウス営業所 1F
※表示価格は税込価格です。

エレショップ最新情報

再入荷速報(BOT)



エレショップ ブログ

     (チャレンジ!電子工作blog)